忍者ブログ

ただす活動日記

2019/09/20(Fri)23:58 「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2007/11/16(Fri)23:23 「守屋前事務次官喚問と防衛」

 守屋元防衛事務次官が参院の証人喚問で軍需専門商会「山田洋行」の元専務の宮崎氏に接待された時一緒にいたのが、「久間先生と額賀先生でなかったかと思う」と名前つきで語り一面トップになっています。

 他に
も「山田洋行」の社長にゴルフ接待を八年間、1500万円分以上をしてもらっていたとか。 

 今回の事件は、守屋さんがいろいろ自分にいいこと(奥さん
もゴルフに同行してたらしい
けど)してくれる会社と個人に発注を回していたことがわかって国会にも呼ばれた、という
出来事です。 ただ、先ほど出てきた久間さん(元防衛大臣)、額賀さん(元防衛庁長官)もどうも汚職に関わってきた可能性がでてきて、いまさらながらに「防衛利権」という言葉が大きく注目され、「防衛省って汚いところ」「国民の税金使って何してんねん!!」ということが言われはじめたわけです。 
 
 ・・・・ここまでは一般紙でよく言われる視点です。もう少し、おっかけて考えると、「防衛
省や安保条約の名の下にやってきた仕事そのものが国民にとって良いことか?」というとこ
ろに行き着きます。 

 私たちは、将来的には隣国と仲良くやって「自衛隊を解消する=憲
法九条の完全実施」を実現したいと思っています。また、安保条約ではなく、アメリカとは対等平等な友好条約を結んでいまみたいに日本がなんでもかんでもいいなりになる関係を変えなければならないと考えています。 ここんとこ自民・公明・民主・社民とは違います。
 
 しかし、こういった目標がすぐに出来るとは思いません。ただ、「防衛」って言えば、「シークレットです」ですませる姿勢はすぐにでも変えられると思います。

 国民の中でも、「おかしいなあ。」
と思っていることはたくさんあります。「沖縄の基地を移転した方が沖縄の人負担減っていいと思うけど米軍再編とかで3兆円も払えってのはおかしいなあ。」とか「アフガンで給油してやってるのに使い道はちゃんと説明できないのはおかしいなあ。」はその典型です。 

 より深く見ると、
「財政難だと言っているけど、5兆円もある防衛費はほとんど減らないなあ。」「よく考えたら日本を守る自衛隊のはずだけど、アメリカを守る護衛艦とかにバカみたいに金使ってるぞ。」とか、もっとひどい例になると「どうも最近まで対ソ連用の戦車をバカみたいに買い続けていたらしいぞ。」とか。 

 ・・・もうなんと言うか、ムダとアメリカに言われるまま状態が「シークレット」
「防衛には必要」って議論の中で放置されているわけです。

 ちなみに、守屋さん接待に戻ると、その場には、日米の政界と軍需産業の「フィクサー」
と言われる秋山氏ってのもいたらしい。 いままでの話を総合すると、ほんと今回の疑惑は一部分の話でないってことでしょうね。  


   ・・・・・すいません。今回やたらとかたくて。。。。
PR


忍者ブログ[PR]